野菜のクレープ

マクロビおもてなしレシピ
○●○野菜のクレープ○●○

材料
<クレープ生地> <豆ネーズ>
薄力粉 ・・・100g ・・・大5
元気大豆 ・・・20g 白ゴマペースト ・・・大1
ミネラル68塩 ・・・小1/2 元気大豆 ・・・30g
・・・1.1/4C 塩コショウ ・・・適量
醤油 ・・・小1
~具~
今回はキャベツ、人参、たまねぎ、きゅうり、トマト。
お好みの野菜でOKです♪
(お好みでにんにく微塵切り、
マスタード、味噌、ハーブなど入れてもおいしいです)

作り方

1.キャベツ、人参、たまねぎ、きゅうり、トマトは千切りにして軽く塩揉みをしておく。
2.ボウルに薄力粉、元気大豆、塩、水を入れ混ぜる。
3.よく熱したフライパンに2の生地をお玉1杯分入れ、薄く広げて焼く。
生地周辺が乾き浮き上がってきたら、お皿へ移し粗熱をとる。
4.酢、白ゴマペースト、元気大豆、塩コショウ、醤油
(お好みでにんにく微塵切り、マスタード、味噌、ハーブソルトなど)
をフードプロセッサーもしくはすり鉢に入れ混ぜ合わせ豆ネーズを作る。
5.豆ネーズに1の野菜の水気をしぼって入れ、あえ、3のクレープ生地に乗せて巻いて出来上がり☆
(クレープの中身はお好みで、ジャムに変えればおやつにも♪)
  
メッセージ

キャベツにはビタミンU(別名キャベジン)が含まれ、胃壁を守る働きがあり、傷ついた胃壁の粘膜の修復などの効果があります。
また、ビタミンCも豊富で免疫力を高め、風邪などを予防、骨を強くするビタミンK、カリウム、カルシウム、食物繊維も多く含みます。
ビタミンC、Uは水に溶けやすく加熱すると減少してしまうので、生で食べる方が効果的です。
また芯の部分は、外葉についでビタミンCが多く含まれるので、薄く刻んだりして有効利用したいものです。
生の千切りキャベツは脂肪の酸化を抑え、胃もたれを防ぐので油物をとられた時など、気をつけて取り入れてみてはいかがでしょうか?